■豊かさがもたらした母親の育児崩壊

子供たちのいじめ、登校拒否、非行などが問題になって、親の子育ての難しさがいわれていますが、実は経済が成長すると人間が壊れるという大きな流れがありまして、いま日本の育児が崩壊しているのは、親だけの問題ではなくて、日本という国が構造的に育児の難しい国になってしまったということなんです。

日本が構造的に育児の難しい国になってきたのは、高度成長以来のこの30年くらいのことなんですが、なぜそうなったのかということが、人間形成医学という新しい医学によってだいたいわかってきました。

結論からいうと、それは経済の成長に伴う人間崩壊ともいえるし、育児の崩壊ともいえるわけです。

経済が成長すると、どうして親の子育てが下手になるかというと、生物としての健全な育児本能が壊れてくるからです。そのために、子供を上手に育てることができない。子供の側からいえば、赤ん坊のときから歪んだ育てられ方をする。その結果として、子供たちは健全な人間形成ができないまま成長して、登校拒否とか閉じこもりとか、成人しても働けないといった行動障害を起こすようになるわけです。

私はそれを「文明国型の育児不能による人間形成障害」と呼んでいるんですが、そもそも私がそういうことに気がついたのは昭和35年ごろからです。高度成長が始まったのが昭和30年で、高度成長が始まるのと同時に、ポリオや結核など伝染病も少なくなった。ところが、身体の病気がなくなるのと逆比例して、アトビーとかぜんそくとか心身症といった、心身の機能失調からくる子供の病気や異常が増えてきたんです。当初、これらの病気は原因がよくわからなかったのですが、多数の症例に接するうちにわかってきたのが、これら一連の症状は、高度成長に伴い世の中が急激に文明化・都市化して、子供の育つ環境が自然さをなくしたことが間接的な原因であり、より直接的な原因としては、母親の育児本能が狂ってしまって、間違った育児をしているために、子供の心身のたくましさが失われた結果だということでした。

つまり、高度成長に伴って急激に豊かになったことが、母親の育児崩壊をもたらし母親の育児のやり方が原因で起こる子供の病気や異常が増えた。そのことに警鐘を鳴らす意味で書いたのが、1979年に出版された『母原病』なんです。私はこの本の中で、「このままでは、日本は文明国型育児崩壊がますますユスカレートし、世界一子育てが難しい国になる」と予測したのですが、残念ながら、事態はまさにそのようになってしまいました。

日本の政治家だとか行政だとか経済人が、経済の成長に伴う育児崩壊、人間崩壊ということを知っていて、人間性を壊さないような政治なり行政に努力しながら、バランスのとれた豊かさを追求すれば、日本はこんな国にはならなかったはずなんです。


無断で複製、翻案、送信、頒布するなど出版社の著作権を侵害する一切の行為は禁止されています。

戻る | 次へ