よくある質問

■気管支喘息

【Q】喘息とはどんな病気ですか?

A: 喘息(気管支喘息)については「トップページ→総合根本療法・喘息ってどんな病気?」でも説明していますが、ここではもう少し詳しくご説明します。

喘息(ぜんそく)とは読んで字のごとく「喘(あえ)ぎながら息をする」ようになる病気です。その原因は空気の通り道である気管支が一時的に細くなり、空気の流れが悪くなるからです。気管支で症状が起こるので「気管支喘息」とも呼ばれます。心臓の病気(心不全)でも喘息症状が現れることがありこちらは「心臓喘息」と呼ばれます。

空気の通り道である「気管」は胸の中央部付近で左右の「気管支」に分岐して肺に入っていきます。気管支は肺の中で木の枝のように次々と分岐していきます。7回分岐したあたりで気管支の内径は2mmほどになり、ここまでが「中枢気道」と呼ばれます。更に8〜16回まで気管支が分岐した区間を「末梢気道」といい、17〜19回の分岐区間は「呼吸細気管支」、20〜23回まで分岐した肺の一番奥の部分が「肺胞」と呼ばれます。
この肺胞で空気中の酸素が血液内に取り込まれ、血液内の二酸化炭素は肺胞内に排出され、そこの空気と一緒に体外にはき出されます。これが「呼吸」の仕組みです。

喘息(気管支喘息)ではこの気管支の粘膜が著しく過敏になって、主に末梢気道のあたりで次のような変化が起きてしまいます。@気管支がけいれんを起こして細くなり空気の通り道(気道)を狭くする。A気管支の粘膜がむくんで腫れあがり気道がさらに狭くなる。B気管支内に痰が湧き出して気道を塞ぐため空気が極めて通りにくくなる。
この状態になると、「喘鳴」といって息をする時に「ヒューヒュー」「ゼーゼー」というような音がするようになり、激しく咳込んだり、息苦しさ(呼吸困難)などが現れてきます。これらの症状が表れた状態が喘息の「発作」が起きた時です。

喘息の発作の強さは次の四段階に分けられます。@喘鳴のみ:「ヒューヒュー」「ゼーゼー」いうだけで息苦しさはない。A小発作:息苦しさはあるが、横になれる程度。B中発作:横になれず、座った方が楽。C大発作:動くのも辛いまたは動けない。
発作は本人の意識とは無関係に「勝手に自動的に」始まります。そして何も治療しなくても「勝手に自動的に」治まっていくこともありますが、どんなに薬を使っても治まらず最悪の場合には死亡することもあります。現在わが国では年間2000人ほどの方が喘息で亡くなられています。

喘息発作の原因というと、反射的に「ダニやホコリのアレルギー」と思われがちですが、現実にはアレルギーよりもっともっと日常的でありふれた刺激や変化が発作の原因になります。
たとえば季節の変わり目、梅雨、台風などの気候の変化とか寝入りばなや朝方、温度変化、生理の前、運動、大声で笑う、煙草の煙・香水の臭いなどのありふれたものも発作の原因になります。
大人では不安や不満やイライラやこだわりのようなわずかな感情の変化や、小児では入園・入学、行事の前後、週末などの生活の中のわずかな「気分の変化」も発作の原因になり得ます。
このように「日常的な取るに足らない刺激でも気管支が痙攣を起こしてしまう」という「とんでもなく敏感になった気管支」が喘息の特徴であり、発作の直接の原因といえます。アセチルコリンという薬で調べてみると喘息の患者さんの気管支は健康な人の1000倍ぐらい敏感になっていることがわかっています。





Copyright(C)2008 Kyutoku-Clinic. All Rights Reserved.