よくある質問

■その他のアレルギー

【Q】蜂アレルギーについて教えてください。

日本には11種類のアシナガバチと16種類のスズメバチが生息しています。全ての種類が危険な訳ではなく、どちらも数種類のものが人を襲うに過ぎません。

アシナガバチは人から危害を与えない限りむこうから襲ってくることはまずありませんが、スズメバチは攻撃性が強くしばしば人が襲われる被害が起きています。特に秋口のスズメバチはエサとなる毛虫などの昆虫が少なくなって気がたっていますから注意が必要です。

蜂に刺されて亡くなる人は年間10~20人と報告されています。やはり蜂の巣に近づきやすい林業とか造園業の方に被害が多いようです。

アシナガバチ(Wasp)とスズメバチ(Yellow Jacket)の毒は、ホスホリパーゼという成分が主体で毒性も共通しています。ですからアシナガバチにしか刺されていない人でも、初めて刺されたスズメバチでショックを起こすことはありえます。ミツバチの毒はメリチンという成分が主体で、アシナガバチなどとの共通性は強くありません。

 アシナガバチでもスズメバチでも、「初めて」刺された時にはアレルギー性のショック(アナフィラキシーショック)は起こりません。アレルギー性のショックは2回目以降に刺された時に起こります。ただし始めて刺された時でも(特にオオスズメバチとかコガタスズメバチなどで)、大群に襲われて一度に何十匹ものハチに刺されたような場合には、「毒素の量が多すぎる」ことによりショックを起こすことがあります。

 「何回刺されるとショックを起こすのか?」ということは個人差が大きくはっきりとしたことはあまり分かっていません。毎年1~2回刺されていても何ともない人もいますし、子どもの頃に数回刺されただけの人が大人になってから数十年ぶりに刺されてショックを起こすこともあります。
「一回刺されたら2回目は必ずショックを起こす」というのは迷信です。

 蜂に対するアレルギーの有無はRAST法という血液検査で調べます。アシナガバチ、スズメバチ、ミツバチが調べられます。 RAST法ではスコア(0)が陰性、(1)が擬陽性、(2)が陽性、(3)が強陽性、(4)が強々陽性、(5)が強々々陽性、(6)が強々々々陽性と診断されます。

過去に1~5回刺されている人でのRAST陽性率は30~40%といわれており、RASTスコアが2以上であればショックは起こりえますが、一般にRASTスコアと重症度は関連しません。一度刺された時に強い局所反応があった場合は、その次に刺された時には10~40%の確率でショックを起こすといわれています。

蜂アレルギーが心配な場合には、まずは血液検査(RAST法)を行って蜂のアレルギーがあるか否かを確認することが必要になります。この検査は血液検査のできる医療機関であればアレルギーの専門医でなくても実施できます。この時点で蜂アレルギーが陰性であれば、次に刺されたときにショックを起こす可能性は低くなります。

 蜂に刺されたことはあるがショックを起こしたことはない、血液検査では蜂アレルギーが陽性だった、今度刺されたときにショックを起こすのではないかと心配、などという場合には専門医に相談することをおすすめします。

 蜂に刺されてショックを起こしたことがある場合には専門医による治療が必要になります。
治療は「蜂に刺された時の緊急の治療」と、蜂に刺されてもショックを起こさないようにするための「減感作療法」に分けられます。
緊急の治療ではエピペンとかステロイドホルモンなどを状況にあわせて使用します。減感作療法については別の項目で説明していますからそちらをご覧下さい。



Copyright(C)2008 Kyutoku-Clinic. All Rights Reserved.