よくある質問

■その他のアレルギー

【Q】蜂アレルギーの減感作療法について教えてください。

A:蜂アレルギーの減感作療法は、蜂アレルギーがRASTスコアで2以上の陽性であり、過去に蜂に刺されてアナフィラキシーショックを起こした人が対象になります。

治療の進め方は喘息や花粉症の減感作療法と同じで、極めて薄くした蜂毒のエキスを一定の割合で増量しながら繰り返し注射していきます。主にアシナガバチ(WASP)やスズメバチ(Yellow Jacket)の蜂毒エキスが用いられます。減感作療法の基本については「診療のご案内→減感作療法とは」のページもご覧下さい。

極めて薄く希釈したエキスから始めて、最終的には「維持量」として蜂1〜2匹の毒素量に相当する50〜100マイクログラムまで毒素を増量します。維持量に達するまでには個人差はありますが大体20〜30回の注射が必要になります。維持量に達したらその後は月1回のペースで注射を続けます。これを「維持療法」といいます。

注射の間隔は週に1〜2回が標準的なのですが、急ぐ場合は毎日でも行えますし、更に急ぐ場合には入院して毎日4〜5回の注射を行い1種類の蜂に対して1週間から10日ほどで維持量まで到達させる方法もあります。この方法を「急速減感作療」(Rush Immuno Therapy :RIT)といいます。

維持療法開始後は、再び蜂に刺されても95%まではアナフィラキシーショックを予防することができます。維持療法の期間は5年以上が好ましいとされていますが、そこで中止してしまうと10年後にはショックを起こす可能性が20%まで上昇します。維持療法は(月に1回ではなく2〜3ヶ月に1回になっても)できる限り長く続けた方がよいとされています。

蜂の減感作療法は健康保険適応外の自費治療になります。エキスも海外から取り寄せるため高額になり、維持量に達するまでに(蜂1種類あたり)8万円前後の費用が必要になります。維持量到達後の維持療法では毎年2〜3万円の費用が必要になります。





Copyright(C)2008 Kyutoku-Clinic. All Rights Reserved.