よくある質問

■不登校

【Q】不登校はどのくらいでよくなるのでしょうか?

ここでは平成20年の調査結果に基づいてお話します。
平成15年から18年にかけて当院を受診した220人の不登校の患者さんについて、平成20年に治療成績を調査しました。

220人中で治療を継続された方は108人でした。112人の患者さんが治療を中断されていることになります。その内訳は、外来で通院中断65人、入院での自己都合退院21人、その他26人でした。

外来で通院を中断された患者さんの中には、「問題なく登校できるようになったので通院を取りやめた」患者さんが28人以上含まれています。
「その他」の中には、「高校を中退して就職」などの進路変更した患者さんと、他の病気が見つかって転院した患者さんなどが含まれます。

登校再開を目指して治療を継続した患者さん108人のうち、「問題なく」登校再開できた患者さんは73人(67.6%)に達します。全員が治療開始後12週間以内に登校を開始できています。
「朝少し行き辛い」「教室で少し緊張する」「人間関係に気を使う」など、多少の問題はあっても登校可能になった患者さんまでを含めれば、登校再開率は97.2%に達しました。

登校再開までに要した日数は、最短で1日最長でも12週間でした。

108人中入院治療を行った患者さんは88名でそのうちの64名(72.7%)までが「問題なく」登校再開できています。入院治療のほうが全体の平均よりも改善率が高いことが分かります。
入院後登校再開までの平均日数は31日で、平均入院日数は68.1日でした。



Copyright(C)2008 Kyutoku-Clinic. All Rights Reserved.